スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さくらんぼ

062201.jpg


わたしの叔母が”さくらんぼ”を送ってくれました。山形のさくらんぼです。


箱を開けてみると、このさくらんぼが箱の中にぎっしりと綺麗に並んでいました。さくらんぼが整列している様子も何だか可愛いんですよね(^ー^* ) 写真撮っておけば良かったなぁ(>_<;)


フルーツといえば、わたしは実のところ昔から柑橘系のものがダメなんです(>_<;) フルーツ以外のものでも、「すっぱい!!」と感じるものが苦手で、たとえば、酢の物や梅干なんかもダメです。 お酢も梅干も体にはいいんですよね(〃´・ω・`)ゞ 


なので、わたしが好んで食べるフルーツはけっこう限られているんです(・・;) 絶対にすっぱくないフルーツ限定( ̄▽ ̄;)!! メロンとかスイカとかバナナとか・・・(*'-'*) さくらんぼもたまにハズレはありますが、これは大丈夫でした(o^-')b  赤くてツヤツヤで今が食べごろですね♪ 甘くて美味しかったです(^ー^* ) 


062202.jpg


梅雨入りしてから暑い日が続きますね(>_<;) 今日も東京は朝から真夏日です(ノ゚ο゚)ノ これからますます暑くなりますが、みなさま体調を崩されないようお過ごしくださいね(*^^*)/


 


わたしの大好きなビルケンシュトックのサンダルにはこんな”チェリー柄”もありますよ♪



              


 


 


 


 

スポンサーサイト
【2007/06/23 15:11】 foods | トラックバック(0) | コメント(12) |
Linen

061501.jpg


ボタンも好きだけど、布も好きなんです。


061502.jpg


布の中でもわたしが特にこだわって集めているのはリネン(麻)です。 使い込むほどに風合いが増していく麻生地はキッチンクロスやテーブルクロス、カーテン、お洋服やバッグなど、いろんなものに使えます(*^^*)


061505.jpg


これはフランスのアンティークリネン。以前クリニャンクールの蚤の市で購入したものです。状態が良いのを選んだので、これらは多分、アンティークといっても比較的新しく、20年程前のものだと思われます。


061507.jpg


アンティークリネンでよく見かけるのが、このイニシャル刺繍。 フランスの田舎のほうでは昔から、娘が嫁ぐ時に母親がテーブルクロスやランチョンマット、キッチンクロスなどに娘のイニシャルを刺繍して、お嫁入り道具として持たせるそうです。何だか心あたたまる風習ですよね(^ー^* ) フランス刺繍の歴史も奥が深そうです(*'-'*) 


061510.jpg


この麻生地は何に使われてるかご存知ですか?


これは、フランスの貨物列車専用の郵便袋用の生地だそうです。 この生地で作られた袋で郵便物を貨物列車で運んでいるなんてオシャレですよね~☆ さすがに生地は厚手ですごくしっかりとしています。この生地でショッピングバッグとか作ったら可愛いですよね( ´艸`)


061513.jpg


これもフランスで使われている生ハムクロス。日本でも最近この生地はよく見かけるようになりました。本来の用途は生ハムを保存するためのものだそうです。生ハムをくるんで保存します。シンプルだけど赤のラインがすごく可愛いです(^ー^* )


061512.jpg


あれも作ろう!これも作ろう!と意気込んで買い集めた布は数知れず・・・(・・;) ボタン同様、今のところ完成品のイメージだけで満足してしまってます・・・(〃´・ω・`)ゞ


061514.jpg


◆◆◆ お気に入りの生地のお店 (オンラインSHOPあり) ◆◆◆


*『LINNET』 リネット*


*『The Linen Bird』 リネンバード*


どちらのSHOPも可愛くておすすめですよ(*^^*) 


 


『LINNET』のオーナー、前田まゆみさんの本です。

          








素敵なリネンやファブリックがいっぱい♪わたしのお気に入りの本です。

               











【2007/06/16 00:16】 goods | トラックバック(0) | コメント(18) |
BUTTONS

060804.jpg

可愛いボタンを集めるのが好きです。


060803.jpg


以前、雑貨のお仕事をしていたときにホームウエアの企画をすることになり、リネン素材でワンピースやブラウスを企画したことがあります。何度も何度もサンプリングを重ねた結果、お洋服のデザインがシンプルだっただけに、何かポイントになるものが欲しくてボタンをつけることにしたんです。でも実際、ボタンを探し始めるとなかなか可愛いボタンに出会えず、最終的には海外で調達することになりました。完成したお洋服はボタンひとつで印象がすごく違いました。ボタンひとつでこれだけ変わるものなのかと”目からウロコ”だったのを覚えています。 お洋服の中では完全に脇役のボタンですが、いざボタンに注目してみるとけっこう面白いんですよ(^ー^* ) いろいろな色や形、素材のものがあって、脇役にしておくには勿体無い存在です(*'-'*)


060703.jpg
シェルボタン


ネーミング通り、貝殻で作られたボタンです。 フィリピンで作られているものが多いです。四角形や長方形、お花の形などいろいろあります。


060705.jpg
これは以前フランスに行ったときにパリのボタン屋さんで見つけたボタンです。色合いやデザインがすごく素敵ですo(゚ー゚*o)


060702.jpg
フェルトボタン


これもパリのボタン屋さんで見つけました(*^^*) 圧縮されたフェルトで作られているのですごく硬くて丈夫なんです。 フェルトなのでちょっと冬っぽいんですけどポーチやバッグのアクセントに使っても可愛いですよね(^ー^* ) 


あれも作ろうこれも作ろう!!と想像を膨らませながら買い集めてきたボタンの数々・・・。


結局のところ、これを使った完成品は今のところ何ひとつありませんヾ(~∇~;)


 

【2007/06/07 18:20】 goods | トラックバック(0) | コメント(16) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。